くらすたぁ

万事屋なんて言われるブログに憧れる

今日からランニングします

突然なんですが・・・

 

今日から「ランニング」します!!

 

イェイ!!

 

 

なぜこうなったのか説明しよう!!

 

 

f:id:imokenpanic:20171126002013j:plain

なんか走りたくなった

ランニングする理由・・・

それは「なんとなく」。

 

現段階でランニングについて僕が知っている知識はこちら。

・健康に良い

・走力F→Aになる

・お金があまりかからない趣味になる

・運動不足解消

 

 

 

 

f:id:imokenpanic:20171108200018p:plain

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

あほでもわかるわっ。(笑)

 

 

真面目な話、運動不足

僕、昔からマラソンは得意で小学校のときとかは学年で毎年3番以内に入るくらいには長距離走が得意だったんです。

 

学年クラス対抗リレーにも毎年出るくらい足が速かったので、幼少期は割と運動能力は高かったんだと思います。

 

はい。これは過去の栄光。

 

 

そして、今。

 

 

 

しんどい。(笑)

 

 

 

たった500mでさえ走れないという屈辱。

まだ大学生だぞ!!?

 

そんなこんなで、体力面での不安を感じて体力をつけよう!!ということで今日からランニングを始めようと思います。体力不足→ランニングすれば解決するんじゃね?っている短絡的な思考回路。これがハッピーポンコツというやつか。

 

ランニングをしたら得られる効果

さすがにランニングのことについて知らなさすぎるのでちょっと調べてみた

 

メリット

1.海馬が鍛えられる。

 

 

 

海馬???????

 

 

 

 

青眼の白龍???

 

 

 

そう思ってしまった奴、ぶるーあいずの生贄な。

 

 

 

・・・海馬とは記憶力や空間学習能力に関係する脳の器官です。この部位はアルツハイマー病などに関係の深い期間であり、血が少ないとボロボロになってしまうようです。ランニングをすることによって、脳に血が巡るので自然と海馬コーポレーションも成長するって算段。

 

もちろん脆弱な部位であることから、心理的ストレスにめっぽう弱く、心理的ストレスでコルチゾールが増加→海馬が委縮につながる。うつ病やPTSDの患者にはこの現象が起きてることが多いらしい。

 

ランニングをすることでアルツハイマー・うつ病は回避できるかもしれないし、むしろ脳内お花バタコさんでいられる。

 

2.前頭葉も鍛えられる。

前頭葉は脳の中でもカースト上位に位置する存在。前頭葉は集中力や発想力や思考力に影響を与える重要な役割を担っている。つまり、前頭葉を鍛えないと違う意味で脳内お花バタコさんになってしまう。

 

ちなみに仕事で活躍している人は前頭葉が発達している。ランニングをしている人は比較的に仕事ができるので年収も高くなっていると言われている。

 

ちなみのちなみだけど、前頭葉発達している人って〇欲強いらしいよ。

 

3.快眠になる

 

程よく運動したら快眠になるらしい。体力が回復した感じがすごいするってこと?

 

これってめっちゃいいと思うんですけど。

体力が回復している感覚がわかるってことは、それはもうすなわちめっちゃ体力が回復しているってこと。体力が回復していたら疲労感は持ち越さないし、その日の作業はかどるってことになりますよね。実際、運動が習慣になると毎日快眠になるとか。寝ることが趣味の僕にとってこれは朗報。

 

ただ、これには一つポイントがあるらしく、ハードなランニングはしないほうがいいとのこと。軽めにランニングすることによって副交感神経が優位になるのでいい状態で眠れるようになるそうです。

 

4.生きている感覚を得られる

 

以上3点のメリットは正直に言います。

 

 

 

 

まとめサイトをまとめました。(錯乱)

 

 

ただ写してるだけじゃねーか!!とこのままでは言われても仕方がないので、ここからは個人の考えを。

 

 

僕、マラソンってただの苦行だと思うんですよね。マラソンをレースと僕は捉えているからなのでしょうか。マラソンを勝負ととらえているからなのでしょうか?

 

勝敗なんてじゃんけんでもつくのに、なんで3時間もかけて争うんだ。そう思っていました。僕、ランニングする人って普通にMだと思うんですよね。だって、しんどいじゃないですか。横腹が痛くなってくるし。長いし汗止まらないし。

 

でも、最近駅伝動画を見ていて思ったんです。

 

 

この人らって何と戦ってるんだろう??って。

 

 

もちろん順位もありますよ、でも、それならもっと苦しくないことで勝負すればいい。

ほんとはめっちゃ苦しいはずなのに、完走した時はとてもうれしそうな顔をしている。襷を繋いだときは誇らしい顔をしている。1位だって最下位だって、みんないい顔をしている。

 

 

 

泣いた。

 

 

普通に泣いた。彼らはそんな次元を超越してるんだって。この瞬間・この一瞬に全てかけてきたんだって、そんな顔をしていた。だから、自分のしたことに誇りを持っている。これってなんて素晴らしいんだ。

 

僕も何かの分野で生きているという感覚を得たい。ランニングをして、マラソンに参加することによってそんな感覚を得られそうな気がしました。(感化されやすい)

 

 

僕が思うランニングの4つ目のメリットは

達成感を得られる・「生きているという感覚を得られる」ことです!!!

 

 

生きねば。

死んだように生きる人生なんてもったいない!これからの約60年間、ずっと地獄の業火に焼かれたような気分で生きるなんて苦しい。それは生きていても、生き生きとしているとは言えない。

 

ということで、生きているという感覚・野性的な感覚を得るためにはどうしたらいいかということを考えた結果、「ランニングをする」という答えに行きつきました。頑張ります。

 

とりあえず、ランニングシューズ購入しよ。

 

 

形から入るタイプなんでね。