くらすたぁ

万事屋なんて言われるブログに憧れる

【DQR】ミッドレンジテリーが今環境トップクラスで強い!!

こんにちは。

 

いもけんぴです。

 

最近はテリーが活躍の場を広めていますね。ゼシカがナーフされた分、ゼシカの使用率が大きく落ち込み、現環境はテリーとピサロが席巻しているという印象です。

 

また、亡者のひとだまの攻撃力が下がったことによって、体力が5のユニットが活躍しやすくなりました。

 

それによって、ミネアなども台頭して来るようになり、単にゼシカ対策をしているだけでは勝てなくなってきています。

 

今回は、ほとんどのデッキに相性がいいと言われている「ミッドレンジテリー」を紹介できればと思います。

 

ミッドレンジテリーのデッキが強い

f:id:imokenpanic:20171222000933p:image

 はい、こちらがミッドレンジテリーのデッキです。

 

ほぼパクリですいません…。

 

テンプレートのミッドレンジテリーのデッキは、ギガブレイクがジゴスパークになっている、こちらのデッキです。※参考にどうぞ

 f:id:imokenpanic:20171222012757j:image

 

僕はジゴスパークよりも、ギガブレイクの方が汎用性が高いと思ったのでギガブレイクを入れています。

 

ギガブレイクでもダメージは与えることができるので大抵のユニットは倒すことができますしね。

 

ミッドレンジテリーの立ち回り

テリーが強いリーダーとされている所以は、リーダー自らがユニットを除去できる点です。この利点は、ゼシカ以外の他のリーダーにはないのでガンガン使っていきたいです。

 

リーダーのテンションスキルは貫通能力を持っているので、相手にブロックを作らせにくいという点でも相手に負担をかけていけます。

 

また、基本的な立ち回りとして、

「きせきのつるぎ」と「雷鳴の剣」を中心にダメージを稼いでいきましょう。

 

貫通ダメージを活かしたいのであれば、

「イエローシックル」を端に置いて相手のユニットを置く場所を制限していくといいでしょう。

 

イエローシックルの前には取られたくないユニットを置きにくくなるので、自然と真ん中にユニットが集まっていくようになります。

 

「ナスビナーラ」を使って真ん中の列にユニットを集めたり、また「じごくのもんばん」を使って横一列に相手ユニットを固めてからテンションスキルを使うことによって相手ユニットをうまく除去していきましょう。

 

ガチャコッコなどのにおうだちモンスターに対しては、ギガブレイクを使って一掃していきます。

 

 アンルシアは、攻撃力の高いユニット

・ゾーマ

・ライナスキング

・竜王

 

などに使っていけばいいと思います。アンルシアで攻撃力を0にした後は必要に応じて処理しておいた方が良さそうです。リーサルが見えていたら顔面への攻撃を優先しましょう。

 

アンルシアの効果にかかったゾーマなども、サイレスを使うことによって元に戻されてしまうのでアンルシアを使ったからと言って安心しすぎるのは禁物です。

 

終盤は「雷鳴の剣」を「からくりしょうぐん」や「剣の手入れ」などで強化しつつリーサルに持っていきましょう。

 

ミッドレンジテリーのマリガン

※マリガンとは「引き直し」のこと

 

どの対戦でもそうですが、最初にどのカードを引けるかによって戦局がかなり変わってきます。

 

マリガンで大切なのは、

・最初に引いたカードでどれを手札に置いて置くか

・相手がどんなデッキを使ってきそうか

 

を考えることです。

 

 

テリーが手札に加えたいカードは、

1〜2コストのユニット1体

武器カード(できればきせきのつるぎ)

除去カード

 

でしょう。こちらが先手先手で攻めていけるように、1〜2コストのユニットは最初の時点で手札にあるような状態にしたいですね。

 

イエローシックルを引いて来ることが大本命ですが、メタッピーでもなんとかなるでしょう。ただ、低コストユニットが少ないので、生存率の高いイエローシックルを引けるか引けないかでかなり変わってきます。

 

イエローシックルがこない場合もあります。その時は相手に先手を許してしまうのですが、

 

「はやぶさ斬り」や「やいばくだき」などの除去カードでも対応できます。ただ、除去カードはその場凌ぎにしかならないことも多いのでイエローシックルなどの低コストユニットを引くことが求められます。

 

 

テリーは武器で殴っていくことが基本スタンスになるので、きせきのつるぎは手札に加えて置きたいですね。きせきのつるぎをブンブンできると勝率が全然変わって来るので、武器カードも1枚引いてこれると心強いです。

 

 

相手がゼシカorテリーの場合は、マリガン基準を変える必要があります。ゼシカやテリーのデッキにはアグロデッキも多く、アグロデッキだった時に手札のコストが高いとすぐに差し込まれて負けてしまいます。

 

 

アグロデッキ対策として

「ガチャコッコ」を、ゼシカやテリーと当たった場合は手札に残して置くといいでしょう。

 

ミッドレンジテリーは幅広く対応可能

 

他のミッドレンジのデッキに比べると、武器を使える分テリーはデッキに対しての対応力が高いです。幅広く戦うことが可能です。

 

武器を基本的な攻撃手段としているので、ダメージも受けることを前提としています。それによって「シールドオーガ」と「しにがみきぞく」の利点を活かせるようにしていきましょう。

 

ただ、ダメージを喰らいすぎるのもデメリットなので、ゼシカ相手や、テンションがマックスの状態のトルネコには気をつけましょう。

 

ゼシカ相手なら体力9〜13、

トルネコも9〜13くらいなので、

リーサル圏内に入らない程度にダメージ管理をしていきましょう。

 

いきなり「あらくれ呼び」をされて負けるパターンが多いので。笑

 

ミッドレンジテリーは勝率は安定する方なので、これらを考慮してプレイすればレジェンドランクでも戦っていけるのではないかと思います。

 

 (C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO