くらすたぁ

万事屋なんて言われるブログに憧れる

細田守最新作「未来のミライ」ってどんな映画なの?

f:id:imokenpanic:20180320063627j:image

 

 

 

細田守監督の、最新作「未来のミライ」が発表されました。

 

細田守って?

日本を代表するアニメ監督であり、アニメーター。彼が手掛ける作品はヒットばかりで、代表作も多い。 「時をかける少女」「サマーウォーズ」「バケモノの子」などの作品を手掛けてきた。

一体どんな映画やねん?と気になる方もいるでしょう。僕自身も、映画館のポスターやチラシを見て、細田守監督が最新作を作るんか!という期待とともに、「未来のミライ」って何?という疑問を持ちました。

 

気になってすぐに公式サイトを調べたのですが、これと言って情報がなく。公式サイトにもYoutubeにも、「未来のミライ」の予告動画だけがありましたので、お借りして皆さんにも見ていただきたいと思います。

 

▼「未来のミライ」の予告動画


「未来のミライ」予告

 

この動画で明らかになっているのが2つ。

 

「くんちゃん」と「ミライちゃん」。

 

「未来のミライ」という題名は、未来から来たミライちゃんのことを言っているんですね!つまり、そのまま。というか、細田守監督のタイトルはそういうのが多くサマーウォーズ以外は「時をかける少女」であったり、「バケモノの子」であったり「おおかみこどもの雨と雪」であったり、主要人物の名前や特徴を表す題名が基本スタンスになってますね!

 

未来のミライというタイトルだけで概要が理解できるのがいいところだと思います。

 

予告動画を見たところ、くんちゃんはまだ幼く、物心はついているのかな?おそらく、3歳から5歳くらいというところ。その一方で、未来からやってくるミライちゃんは、未来のくんちゃんの妹。しかも女子高生の状態で出現&制服というステータス付き。フルコースいただきます。

 

まぁ、未来から来た妹という設定は面白いと思いますが、くんちゃん、未来からやってきた人間と言うだけでも怪しいのに妹だなんて言われて理解できるのだろうか。しかもお兄ちゃん呼ばわりって。

 

うらやましいぞ・・・・・・!!!!くんちゃん・・・・・!!!!

 

しかも「合法ロリ」の逆バージョンみたいな設定。最高かよ。ここだけの話だが、映画監督は時の力を利用して法の穴を抜けたがるのかなと思った。細田守然り、新海誠然り。

 

体が入れ替わってるのも十分うらやましいが、女子高生にお兄ちゃんと呼ばれるのもうらやましい。しかも未来の妹に。さては、映画監督は自分の映画を通して自分の性欲を満たそうとしているな。特殊な性癖を、フィクションを利用して正当化しようとしているな。クッソうらやましいぞ、おらも映画監督になりてぇ(錯乱)

 

話を戻しますが、大まかな内容としては、時や空間を移りながらの冒険ということになりそうです。おそらくミライちゃんにも秘密が隠されており、冒険をしていく中で徐々に明らかになってくるのかな?何しろ、細田守監督が残したメッセージの最後の一文、「実は、大いなる野心を秘めた作品なのです」という言葉。

 

 

 

かなり気になる・・・!!!

 

 

f:id:imokenpanic:20180320063613j:image

 

細田守監督は、この2時間しかない映画に、生命の循環、家族、人生を描いていくようです。これは、また違ったタイプの細田守監督の映画が見れるかもしれませんね!!

 

今後の情報に期待です。今はまだ、作品と予告動画しか発表されていないので情報が不十分です。これから追加情報が発表され次第、追々追記していこうと思います。

 

映画上映は2018年7月20日!!待ち遠しいですね!今年の夏は、未来のミライで涙することになるかもしれません。

 

細田守監督の過去作品はこちら▼