くらすたぁ

自分が興味あることを書いていきます

「ギャンブルだけで生活」プロギャンブラーのぶきのヤバすぎる経歴【年間勝率9割達成】

f:id:imokenpanic:20180403173344p:plain

 

 

こんにちは。いもけんぴです。

 

今日はある本を読んだので本から学んだアウトプットも兼ねて紹介します!紹介する本はこちら

 

「勝率9割の選択」 著:プロギャンブラーのぶき

 

この本の内容も気になると思いますが、もっと気になるものがありました。それ故にこの本を読んでみた、というのが正直なところです。本の内容よりも気になることと言うのが・・・

 

「プロギャンブラーのぶき」という存在。この本を書いた張本人です。のぶきさんは文字通りプロと名乗っているので会社で働くことなくギャンブル1本で各地を転々として暮らしているようです。プロギャンブラーのぶきさんがどんな人なのかざっと説明すると、

 

・大学中にバイトを掛け持ちして25歳までに企業資金1000万を貯める

・「休みたくないと思えること」を仕事にしようと思いギャンブルを仕事にする

・27歳の時にアメリカ・ニューオーリンズのカジノで出禁になる

・カジノで出禁になりまくった結果ブラックジャックができなくなる

・ポーカーを始めてポーカーでプロのレベルになる

・38歳の時33日間連続で負けなしを達成する

・年間勝率9割(神の領域)に足を踏み入れる

・旅行代はギャンブルで稼いで世界6周した

 

(出典:勝率9割の選択)

 

 

このような経歴を持つヤバい人です。まずギャンブルが運のようなものであるという認識なので年間勝率9割になるのはおかしいということが僕のような素人目線でもわかります。というかインチキしているんじゃないか?と疑ってしまうくらい勝っています。でも、これが完全な実力で9割の勝率を叩き出しているのだからもうわけがわかりません。そして、そんな日本人がいるということにびっくり。

 

いくらバイトで1000万の貯蓄があったとしても、それをギャンブルに投資するわけですから無一文になることもあり得ます。というか、まず勝ち続けることが難しいので僕たち世間一般が言う仕事をせずに生きていけているのが怖いです。でもそんなリスクだらけの分野をのぶきさんは仕事にしているのです。

 

勝率9割の選択はギャンブルの勝ち方が書いてある本ではない

この本はブラックジャックやポーカーの勝ち方についてはほとんど書いてありません。表紙や題名から勝ち方が書いてあるバイブルのように感じるかもしれませんが、書いてあるのは

・のぶきさんがどうやって勝てるようになったか

・年間9割を達成するための工夫・行動

・ビジネスマンだけでなく全ての人間に共通する勝つための方法・マインド

・のぶきさんの波瀾万丈の人生

 

などが書かれている本になっています。僕はのぶきさんと言う人がどのような人なのかということ、そんなすごい日本人の人生を知ってみたい!という想いで購入しました(笑)

 

のぶきさんが本書で強調していたこと

のぶきさんが「勝率9割の選択」の中ですごく強調していたなと思うことがありました。それが「運に振り回されないようにする」ということ。この本を読んでみたところ、のぶきさんの人生の中で運との戦いが数多く出てきます。この運との戦いにどうやって勝利するか。のぶきさんが考えに考え導き出した仮説を何回も試行し、運に打ち勝って結果を出したエピソードが印象的です。

 

そして何度も言っていたのが「運と想定外をできるだけ削減する」ということ。ギャンブルの世界で勝率を叩き出すためには運に振り回されないこと、想定外のハプニングをできるだけ減らして自分の実力で勝負することが大切だと本書で語っています。

 

f:id:imokenpanic:20180403171719j:plain

のぶきさんは勝敗は実力(1~10)×運(1~10)で決まると本書の中で書いており、実力は変動しにくいが運は変動しやすい、つまり実力が変動しないように力をつけることが重要だと本書で持論を展開しています。

 

運は相手が絶好調だったり、自分が絶不調だったりする日があるので変動しやすい要素だとのぶきさんは言います。運は1の日もあれば10の日もあります。こればかりはのぶきさんでもコントロールができません。

 

しかし、実力はどうでしょうか。1から10にするのにはいばらの道コース確定ですが、一度10の実力をつけてしまえばなかなか5になったり1になったりすることはないのではないでしょうか。なのでのぶきさんは実力をつけるために努力することが重要であると強く説いていました。

 

勝つことよりも「勝つ準備」にこだわること

これものぶきさんが耳に胼胝ができるほど強調している部分でした。勝負となるとやはり勝つことに意識が逝ってしまいますが、勝負は日々の準備が反映されるだけで、本当に大切なのは準備だということ。実力が1の人が本番でどうにかしようとしても実力が10の人に勝つことを考えると難しいですよね。勝つことよりも重要なのがどうやって本番までに実力を10にまで持っていけるか。

 

何回も試行錯誤して仮説が正しいと思えるまで練習し勝負のその日のために準備する・・・

 

のぶきさんはポーカーの勉強をするために単身でインドにわたり、インドで3か月間誰にも会わずにずっと勉強するという地獄のような修行を行ったそうです((((;゚Д゚))))

 

そのような血のにじむような努力あってこそのキャリアなんですね。

 

自分に足りないものが見つかる一冊だった!!

f:id:imokenpanic:20180403174521j:plain

基本的にはどうやって勝てるようになったのかなどについて書かれている本書ですが、他にも勝負の時のメンタルの話や思考回路や理論の話(確率論など)、日々の習慣や環境の話など多岐にわたって触れられています。プロギャンブラーという職業に少し現実離れしてしまうかもしれませんが、読んでみるとすぐに活用できそうな事柄が多くて参考になりました。

 

わかっていたことだけどラッキーパンチは頑張っている人にしか来ないんだね、現状に満足しないで頑張ろう!と思えたのと、もっとレベルアップするにはどうしたらいいかなどのヒントも得られた一冊でした!

 

学生もビジネスマンにも参考になるので是非読んでください!!のぶきさんは定期的に公演などもしているみたいなので興味あればそちらも是非!

 

僕は環境を変えることとラッキーにすがりすぎないようにすることを心がけたいと思います(笑)