くらすたぁ

自分が興味あることを書いていきます

大道芸人のせいでブログ再開することにしました

f:id:imokenpanic:20180715211831j:plain

こんにちは。いもけんぴです。

 

長らくブログを書いていなかったので、久しぶりの投稿になります。

 

ブログを書いていなかった時期が長かったので、ブログのリハビリも兼ねて、今回は日記を書いてみようと思います。

 

ブログを書いていなかったけど

私生活で少し忙しくなり、徐々にブログに割ける時間がどうしても減ってしまっていました。資格勉強の時間を考えると、ブログに割いていた時間をそのまま勉強に当てないといけない状況でした。

 

もともとあった自由時間はどうしてもゲームをする時間に使いたかったので、自由時間をブログに充てるという思考回路はなく(笑)、どんどんとブログから離れていっていました。

 

ここ1か月は、ブログというものを全く書いていなかったと思いますが、それでも自分はブログを毎日書いていた時期もありブログに対しては書いていない時期も気にかけてはいました。

 

ブログは書いていなかったけど、アクセス数とか、読者さんの状況とか、他の人のブログを見たりなどは時間があるときにしていました。

 

そのままブログも書けると良かったかもしれませんが、人間不思議なもので一度やめてしまったら再開しようという意欲はわかず、ブログを開いて目を通しては閉じる、という毎日を過ごしていました。

 

ニートみたいなものですね。(笑)続かなくなったものは再開するのに予想以上のエネルギーを使います。

 

そんな感じでなかなか書いていなかったので、こんなブログを読む人なんてもういないと思っていたのですが、びっくりすることに、

 

更新しなくても読んでくれる人が意外といました。書かなくなっても読む人が減ったりすることはなく、全く更新しなくても先月とあまり変わらないことに驚いています。

 

なんなら読者が増えたりもしていて、ブログってこういうものなのかなと思いました。

 

世界一をとった大道芸人の芸を目の前で見て

つい先日、世界一を取ったことのある大道芸人のパフォーマンスを見る機会がありました。本当にたまたま街に言ったらストリートでやっていて、偶然の出来事でした。気づけば僕は、その世界一の大道芸人のパフォーマンスに釘付けになっていました。

 

目の前で次々と起こる人間を超えたパフォーマンスを見せられて、僕はいつの間にか魅せられていました。無意識のうちに、口が空いて拍手をしていたのを覚えています。

 

目の前で異次元の動きを見て僕は、「どうやったらこの領域に達するのだろう」と一人で考えていました。そうすると、その大道芸人は途中の雑談で世界一になるまでのことを話してくれました。

 

なんとその芸人さんは、8歳のころに大道芸人に憧れるようになって、8歳のころから毎日8時間、大道芸を練習したそうです。

 

8歳から一人で8時間も練習することってできますか?僕はできないです。たぶんポケモンゲームをしていたと思います。夢のためにそこまでできるから夢をかなえることができるのだ、夢をかなえる人はとんでもない努力をしているのだなと思いました。

 

僕には夢とかあまりパッとしないけれど

まぁこの世界一の大道芸人の話とはスケールとか全然違うし比較対象にはならないけど、改めて何かを続けるってすごいことなんだなぁと感じました。

 

そして同時になにか続けられることをやってみたいと思いました。そして考えた時にもう一度自分なりのペースでブログを書いてもいいのではないかという結論に達しました。

 

毎日頑張って書くことはもうできないし、周りの人のようにはいかないけど(笑)、まったりと書いていきたいなと思っています。

 

一度ドロップアウトした身なのでなかなか以前のようにはいかないと思いますが、変わらず読んでくださる人は一定数いるみたいなので、それを心の支えにして趣味としてやっていこうと思います!!

 

そんな感じで長々と書いて言いたかったことは「ブログ再開する」、これだけです

 

お時間をいただき、ありがとうございました。よかったらこれからもよろしくお願いいたします。

 

それでは('ω')ノ