くらすたぁ

自分が興味あることを書いていきます

「朝シャワー」は健康?それとも危険!?メリット・デメリットまとめ!

f:id:imokenpanic:20180430180734p:plain

こんにちは!いもけんぴ(@imokenpiblog)です。

 

「朝シャワーめっちゃおすすめ!」と言われたので、朝シャワーを始めました。

 

朝シャワーをすることが無かったのですが、朝シャワーを始めると友達が言ったとおりに半端ないほどの目覚めのいい朝を迎えることができました。

 

そんな朝シャワーなんですが、どうやらデメリットもあると聞きます。朝シャワーをこれからしようと思っているなら、朝風呂に潜む危険性も覚えておきましょう

 

朝風呂のメリットとデメリットについて解説していきます!

 

朝シャワーのメリット

目覚めがすっきりする

朝シャワーのメリットはなんといっても目を覚ますことができることです。僕はいつも朝に弱いのですが、朝風呂を始めた途端に目がすっきりするようになりました。

 

冒頭でも書きましたが、目が覚めることによって二度寝などがなくなるので起きた後の時間を有意義に使うことができます。僕は読書が捗るようになりました。おかげで十分な読書時間を作ることができて読書の進捗は良くなりました

 

シャワーなどを浴びると体のベタベタした汗も取れるのですっきりしますね。すっきりした風呂上がりの風が気持ちよく、清々しい朝を迎えることができました

 

身体の体臭が取れる

ノンレム睡眠に入っているときに体から汗が出るので、寝ている間に体が汗をかいています。なので朝起きた時に結構汗ばんでいたりします(笑)

 

僕はノンレム睡眠が長いほうなので汗をかきやすく、朝起きた時の体のベタベタ感が気になっていました。

 

朝シャワーによって体のベタベタ感を取り除ける点は大きいと思います。これだけで体のすっきり感が全然違うなと感じました。

 

やる気が出る

あくまで個人的感想になるのですが、朝シャワーをした後やる気が出るなと感じました。

 

朝シャワーをした後に頭がすっきりするので、「今日一日は充実した日にしよう」と思うようになるのが理由なのかなと思いました。これは僕自身の感想なんですけど。

 

目が覚めて頭が冴えるので、脳が自然に活動モードに入っているのも原因かなと思います。読書に勉強、仕事などあらゆることに意欲的になるなと朝シャワーを始めてから思うようになりました。

 

「やる気を出す」という効果も朝シャワーにはあると感じました。

 

朝シャワーをしたい人におすすめする朝の過ごし方

f:id:imokenpanic:20180430175206j:plain

僕がやっている朝の生活でおすすめの方法を紹介します!

 

外を散歩する

朝シャワーを浴びる

コーヒーを飲む

新聞を読んだり、読書をしたりする

 

~解説~

いきなり朝シャワーをしないのには理由があります。後ほど記述しますが、朝シャワーはお湯を体にかけることになるのでヒートショックの原因になります。

 

ヒートショックは血圧が急激に変化してしまうことによって起こるショックですね。体温の急激な変化は体に負担をかけます。アイスバケツチャレンジが危険なのもこういった理屈ですね

 

なので、いきなり朝シャワーをせずにまず歩きます。ゆっくりでいいです。朝ランニングも激しい運動なのでやらないほうがいいでしょう。心臓に負担をかけることになります。

www.kuborintan.com

なので、負担をかけにくい散歩がいいと思います。僕はショック死が怖いのでゆっくりの散歩をするようにしています。

 

身体が少し起きてきたら朝シャワーをしましょう。音楽をかけながらの朝シャワーは至福の一時です。

 

お風呂に上がったらコーヒーを飲みます。コーヒーを飲むのは目が覚める効果があるという事と、単純に僕が好きだからという理由です。(笑)

 

コーヒーよりもっと効果が高いのはオレンジジュースやリンゴジュースなどだと思います。水分を取るなら果実のジュースがいいと思います。血圧を下げる効果が期待できますし、ビタミンなども豊富に含まれていますので。

 

ただ腹痛になる可能性もあるので気を付けてください。ちなみにコーヒーも腹痛になりやすいらしい?

 

最近はトロピカーナをコップ2杯分朝に飲むようにしています。おいしいし、健康的な朝を過ごしている気分になれるので飲んでいて幸福感があります(笑) 

 

朝シャワーのデメリットとは?

一見良さそうな朝シャワーですが、デメリットも存在します。

 

デメリットも知っておくことで朝シャワーによる危険を回避できるのでデメリットも是非覚えておきましょう。

 

心臓に負担をかけてしまう

起きてからいきなりは体の体温が覚めてしまっている状態ですし、体温が変化して血圧が変化してしまうので心臓に負担をかけます。

 

いきなり体が熱いお湯にかかったら、心臓はびっくりしてしまうのです。

 

前述したヒートショック現象で死の危険性がある場合もあります。

 

同じような理由でランニングも危険です。いきなり体を動かして体温が上がるので心臓に負担をかけます。昔朝ランニングをしていたのですが、何も知らない僕は朝ランニングをした後にひどい吐き気と立ち眩み(たぶん貧血)に襲われました。

 

起きた後は水分が少なくなっていて、血液も濃くなっているのでこのような状況での朝シャワーや激しい運動は危険ですね。

 

いきなりの朝シャワーなどは命のリスクもあるので慎重に。

 

頭皮を傷つけることがある

シャワーの熱湯によって皮膚の油脂を流してしまうので、皮膚を守っているものが剥がれ落ちてしまいます。これによって傷つきやすくなるようです。

 

このような理由で懸念されているのが、抜け毛と紫外線という事です。朝シャワーによって禿げた、などの因果関係は証明されていないのでこれは推測の域を出ませんが、気になるなら考えてみるのもいいと思います!

 

水道代がかかる

いっぱいシャワーを浴びるので金銭的な問題も少なからずあります。たぶんお風呂の水道代などは夜が安くなっていて朝が高くなっている設定の家庭が多いと思いますので気になるなら検討も必要。

 

水道代がかかるという事も頭の片隅くらいに置いておいてください。

 

朝シャワーをするときに気を付けること

f:id:imokenpanic:20180430175250j:plain

必ず起きてすぐに朝シャワーをしない

40度越えの熱湯は使わない

水分補給をしっかりする

 

これらのポイントは抑えておいたほうがいいです

 

~解説~

起きてすぐの朝シャワーはヒートショックの危険性があるので、できるだけ起きてから時間を置いてから朝シャワーを浴びるのがいいです。

 

朝シャワーに入るまでの時間じっとしていると二度寝してしまうかもしれないので、ちゃんと起きたいならとりあえず散歩するのがおすすめです!

 

負担も少ないですし、体を動かすことができます。ラジオ体操とかでもいいでしょう!

 

そして朝シャワーを浴びるときは、40度越えの熱湯は避けるようにします。ぬるま湯すぎると副交感神経が優位になって逆に眠たくなることもあるので、ぬるくなりすぎないようなちょうどいい温度に設定しましょう

 

水分も朝は足りていないので水分を取ります。僕はコーヒーを飲んでいましたが、一番いいのは水・ジュースだと思います。

 

基本さえ注意しておけば危険という事もないので安心してください。

・起きてすぐの朝シャワー

・激しい運動は危険!!!

 

これさえ覚えておけば大丈夫です

 

朝シャワーのまとめ

f:id:imokenpanic:20180430175434j:plain

朝シャワーのメリットとデメリットを紹介しました。

 

朝シャワーは基本的にライフハックとしてもいいのかなと思いました!デメリットもありますが、どんな行動にもデメリットがあるのは当然のこと。

 

何が危険なのかをきちんと把握しておけば大丈夫でしょう。

 

僕が朝シャワーを始めて思ったことが、

・目がシャキッとする

・頭が冴える

・早朝の作業が捗る

・読書が楽しくなった

 

これらのメリットを感じました!

 

人によって効果はまちまちだと思いますが、いつもとは違った日常が手に入ったので、そういう意味では友達の言うとおりになったのかなと(笑)

 

早起きするのが楽しみにもなりました(*´з`)

 

普段のダラダラした生活を変えたい!日常に刺激が欲しい!

 

という人にぜひ一度やってみてほしい!

 

と思います

 

あなたもいい朝シャンライフを過ごしてくださいね。

 

それでは('ω')ノ