くらすたぁ

自分が興味あることを書いていきます

大学生でも「月10万貯めれるようになる」方法を経験者が伝授する

f:id:imokenpanic:20180508190232j:plain

 

こんにちは。いもけんぴです。

 

大学生ってお金がかかりますよね。

 

部活・サークル・飲み会・女子会・服・旅行などなど…

 

アルバイトもしているのに一向にお金がたまらない、という想いをしているかもしれません。この記事を読んでいるあなたはどうでしょうか。

 

今回は大学生が簡単にできる節約方法を紹介していきます!

 

「3か月連続10万以上の貯金を達成した」僕が、節約方法を書いていきます!

 

大学生生活の役に立ててもらえると嬉しいです

 

 

お金を貯めたいと思った時は計画を立てる

f:id:imokenpanic:20180508190255p:plain

まず最初にどのようにしてお金を貯めていくのかを考えることから始めてみましょう!

 

僕がお金を貯めたいと思ったきっかけは、ずっとアルバイトをしていたのに全くお金がたまらなかったからです(笑)

 

月に12万円くらいアルバイトで稼いでいたのにもかかわらず、月に2万円溜まるかどうか怪しいくらい毎月散財していました。ちなみに一人暮らしではありません。

 

流石にこれはダメだ!とおもってまず自分の生活の中でどこに支出があるのか、どうやって支出を削っていくのかの計画を立てました。

 

そこで考えたのが

・お金をどれくらい貯めたいか

 

ということ。僕は30万くらいあったら急な支出にも対応できると考えて、最初の目標を30万に設定しました

 

でも、それだけじゃ貯金は達成できないと思っています。だって、1か月じゃ30万溜まりませんからね。これはあくまで最終目標。確実に目標達成するためにすることがもう一つあります。

 

それが短期目標の設定。1か月・1週間という短いスパンに切り取って貯金について考えていく必要があります。

 

この作業無くして貯金はできないと僕は考えています

 

・1か月の貯金ペースを考える

・1週間・1日で使えるお金の限度を設定する

 

ここで設定する目標が貯金生活の基盤になるので忘れずに行うことです

 

僕は3か月で30万貯めたいと思ったので「月に10万円貯めよう」と考えました。タイトルにもあるように僕はこの目標の通り月10万を3か月連続で貯めました。

 

内訳はアルバイト収入12万、支出2万で差し引き10万です

 

次に、僕が貯金で意識したことを書いていきます

 

1か月支出2万→1週間5000円生活

僕はアルバイトの量を減らすのではなく、支出の量を減らすべきだと考えたので支出を2万円以下に抑えようと思いました。

 

そのために必要なペースは?単純計算で1週間5000円です。つまり、一日1000円も使えないのです。だいたい700円くらいでしょうか。

 

一日700円以上使うのは禁止!とするのは厳しい時もあったので1週間で5000円くらいの支出を目指しました。

 

飲み会の量は調整する

f:id:imokenpanic:20180508190358j:plain

僕が一番支出を減らせると思ったのは飲み会の支出です。

 

最初計算した時僕は飲み会に1・2万使っていることがわかりました。1週間に1回は飲み会をしていたので4000×4~5くらいですね。

 

2万円を超えているときもあったと思います。これは非常にもったいないお金の使い方なのでは?と感じたので飲み会の量を減らすことにしました。

 

そこで決めたことが「飲み会は月1回まで!!あと極力酒も飲まない!」ということでうす。

 

友人の誘惑があったり、飲み会に行けば女の子に会えるという特典付きの飲み会を断腸の思いで蹴ったりして、なんとか1か月1回以上飲み会に行くことはありませんでした。

 

飲み会を断ると友人の付き合いが悪くなるのでは?と感じたかもしれませんが、飲み会を断ったくらいで関係が悪くなるような関係ならそれは友達ではないので安心してください。

 

今貯金中なんだ♪と事情を話せばわかってくれるはずです。断るときは鉄の意志が必要です。僕は誘惑に弱いタイプなので苦労しました。

 

ですが、飲み会の頻度を減らすだけで確実に月5000円~2万円くらいは節約することができます。

 

外食を減らして家で食べるor自炊する

f:id:imokenpanic:20180508190433j:plain

外食も飲み会に次ぐ支出の原因です。

 

節約していて思ったのですが、支出の原因はだいたい「食費」です。なので、まずは食費を見直すといいです。

 

僕は食費も月4万円くらいは使っていたのでこれも1万円くらいに減らせないかなと考えるようになります

 

1万円にすると1日300円なのでかなり貧乏生活になってしまいます…(笑)

 

食べ盛りの僕には結構苦しかったですが、

・毎日ご飯を炊くこと

・スーパーなどでおかずを購入すること

 

をやっていると食費を1万円ちょっとに抑えることができました。

 

正直1か月の食費を1万円以下に抑えるのは至難の業なので大変ですが、工夫次第で1万5000円くらいには抑えることができると思います。

 

僕は近くのスーパーが閉まる1時間前に言ったりして、半額になった食材をその日のごはんにしたりしていました。400円相当のボリュームのある弁当が180円とかになるのでそれだけでもかなりの節約です。

 

外食に行けば安くても一回700円とかになるので、一か月で見たらそれだけでも2万円を超えますよね。これを一回180円にすると、月5400円になります。

 

僕は月2万で生活する!と決めた時の生活はストイックだったので、ストレスなく貯金をしたいという方は

・月の食費を2万以下に抑える

 

ことを意識するだけでも全然違うと思います。月2万円なら1日700円くらい食費に当てれるのでちょうどいいくらいだと思います。

 

アルバイト先のまかないに期待してみる

f:id:imokenpanic:20180508190449j:plain

貯金をしたかったら、アルバイト先を考えてみるのも有効な手ではないかなと思います。

 

僕もアルバイト先のまかないにお世話になっていました。

 

飲食店で働けば店のまかない料理を食べることができるので、食費を浮かすことができます。僕は土日働きながらまかないで食費を抑えていました。

 

なので土日は実質0円で生活&給料が入るという仕組みでした。

 

土日で食費を抑えた分、僕は1日当たりの食費を他の日に回すことができました。なので平日は割とおいしいものを食べることができました

 

アルバイト先のまかないは大学生の貯金では重要ポイントであり、アルバイトのまかないを使わないと貯金は不可能。というレベルで重要です。

 

貯金の攻略ポイントなのでアルバイト先を考えてみるというのも一つの手です。

 

貯金法と言えばこれ!「天引き貯金法」

f:id:imokenpanic:20180508190516j:plain

これは一般的な貯金法だと思います。まず一回で使う金を決めてしまって、それから 1月は一切お金を降ろさないという方法。

 

僕は3万円だけ給料が入ったら降ろして、そこから1か月はお金を降ろさないという方法を取りました

 

一切お金を降ろせないという決まりと作るとそこから自然と自分の行動が節約的になっていきます。

 

僕は飲み会月1回までと決めていましたが、天引きの貯金法を始めてからは財布を気にしてか全くいかないようになりました。

 

外食をしそうになっても

・その外食は必要な外食なのか???

 

と自問自答していました。

 

あとは電気代がかからないようにしたり、移動に関しても節約したり。歩いて行けそうだったら歩いたりもしていました。

 

これも天引きで貯金をし始めたからだと思います。背水の陣みたいな感じです(笑)

 

家計簿をつける

f:id:imokenpanic:20180508190637j:plain

家計簿をつけて一日どれくらい消費しているのか、今どれくらいのペースなのかを確認することが大切です。

 

家計簿はノートでもいいですし、携帯のアプリでもいいと思います。

 

僕は友達を巻き込んで貯金していた時期もあったので、貯金仲間を集めて

・「貯金」LINEを作って報告しあう

・貯金額を競走する

 

などの工夫もしていました。

 

最近は家計簿アプリがかなり充実してきているので、スマホを触る機会が多い大学生には家計簿アプリを使用するのが一番いいのかなと感じます

 

www.kuborintan.com

 

僕が今使用している家計簿アプリ「Fortune City」はお金を貯めていくと町が発展するというゲーム要素のある家計簿アプリなのでよかったら試してみてください。

 

日々の記録をつけることによって

・支出に関する問題点

・節約生活の改善点

 

が見つかってくるので記録をつけることは重要です。節約をするなら家計簿をつけるようにしましょう

 

▼こちらはアプリを使用する前に使っていた家計簿。ノート派の人はこちらがおすすめです!!

 

月10万円貯金して変わったこと

f:id:imokenpanic:20180508190712j:plain

月10万円を3か月連続で貯めたことによって、あっという間に30万という大学生にしては大金ともいえる金額が手元に残りました。

 

貯金中の生活は決して華々しいものではありませんでしたが、でも貯金してよかったなと思ったことはいくつがあります。

 

・生活に余裕を持てるようになった

・だらしない生活がなくなった

・必要なものか不必要なものかの判断力がついた

 

これらの変化があったように感じます。貯金生活中はあんまりモノを買わないようにしていたので身の回りがすっきりしたのも良かったですね

 

友達との付き合いが悪くなったのかというと、そうでもありません。貯金出来て余裕ができるようになってからは、月1~2回程度ですが飲み会にも行くようになりました。

 

貯金していることを公言したこともあって、強引に行きたくない飲み会に誘われることもなくなってむしろ良かったと思うことさえあります(笑)

 

周りとの距離感も悪化したわけではないので節約していると友達が減る。なんてことは決してないと思います。というか、そんな人友達にしなくていいです

 

自分のお金が増えただけでなく、自分の生活を見直すきっかけにもなったので貯金始めてよかったなぁと思いました。

 

貯金出来てからは、本当に好きなもの・必要なものを買えることができています♪

 

というわけで、あなたも貯金生活に挑戦してみてください!!

 

 

それでは('ω')ノ

 

 

P.S. 携帯代は親に払ってもらっていたので携帯代は支出から抜かせていただいてます(;'∀')